カフェインは有酸素運動の効率アップ

カフェインと有酸素運動

カフェイン有酸素運動の効率を高めてくれます。

 

 

有酸素運動は、体内に酸素を取り込んで,
脂肪を燃焼させ、ジョギング、水泳、サイクリングなど、
長時間に渡って行う運動のことです。

 

 

これとは反対に、無酸素運動もあります。

 

 

無酸素運度は、短距離走、ウエイトトレーニングなど、
酸素を使わないので、主にグリコーゲンなどの糖質をエネルギー源とする運動です。

 

簡単にいえば、ハアハアするのが有酸素運動、
踏ん張るのが無酸素運動です。

 

 

ダイエット目的としての有酸素運動は以下のようなものがあります。
・ジョギング
・ウォーキング
・スロージョギング
・水泳
・水中ウォーキング
・縄跳び
・ヨガ
・エアロバイク
・自転車
・踏み台昇降運動

 

ちなみに、1000回を超えるほどの長時間のスクワットも有酸素運動になり得ます。

 

 

効率的な有酸素運動の方法としては、いくつかのポイントがあります。

 

 

(ポイント@ 効率的な時間帯)
有酸素運動が最も効率的な時間帯は
朝といいますか、起床直後が一番適しています。

 

起床直後は、空腹のため、脂肪が優先的に使われるからです。

 

 

(ポイントA 空腹時)
食後に運動すると、摂取した糖質などを優先的に使うため、
脂肪は後から燃焼され、非効率的です。

 

ところが、胃がカラの状態で運動すると脂肪が優先的に使われ始めます。

 

 

(ポイントB 心拍数)

 

有酸素運動は、全力で運動した時の
最大心拍数の60%〜70%が最も効率よく脂肪が燃焼します。

 

・最大心拍数の求め方
220ー年齢=最大心拍数

 

・脂肪燃焼のための心拍数の求め方
最大心拍数×60%〜70%=脂肪燃焼する心拍数

 

 

有酸素運動だけでもダイエット効果は十分ありますが、
カフェインを摂取する事によって更に効果が得られるのです。

 

 

カフェインを摂取することで体脂肪を分解して遊離脂肪酸を放出させ、
体脂肪の燃焼効果を高めてくれるのです。

 

 

カフェインを摂取するだけでも
基礎代謝が上昇して、脂肪燃焼効果が上がるのですが、
有酸素運動を加えると、さらに脂肪燃焼が加速します。

 

 

有酸素運動をさらに効率的にするためには、
体重×3〜6mgあたりのカフェインを
有酸素運動の約45分〜1時間前に摂取しましょう。