カフェインの副作用と効果・効能

カフェインの副作用と効果・効能

カフェインの副作用と効果・効能

カフェインとは

カフェインは、コーヒー豆、茶葉、
カカオ豆などに含まれる天然のアルカロイド成分の一種で、
コーヒー類に多く含まれることから、カフェインという名前がついたとされています。

 

 

カフェインは、昔から薬としても使われており、効果や効能が高く評価され
現在では薬だけでなく、多くの食品や飲料に利用されています。

 

 

カフェインには、様々な効果・効能があることはご存知の通りです。

 

 

ちなみに、カフェインは、健康成分(サプリメント)というよりは、
エルゴジェニックエイドとしての効果が期待できます。

 

詳しくは、「カフェインとは」へ

 

 

カフェインの副作用

 

カフェイン副作用について見てみましょう。

 

 

カフェインは、比較的安全性の高い成分ですが、
摂取方法や摂取量を間違うと、副作用がでてくる可能性があります。

 

 

カフェインには、軽微な副作用から、急性の副作用、慢性的な副作用があります。

 

 

ちなみに、カフェインは適度な摂取量(例えば100mg程)であれば、
依存性や副作用はほとんどありませんので安心してください。

 

 

ただし、1回の摂取量が250mg〜300mgあたりを超えると
人によっては過剰摂取となり、副作用を感じる方もいるようです。

 

 

カフェインの許容範囲は人それぞれですので、自分自身の状態を確認しながら摂取しましょう。

 

詳しくは、「カフェインの副作用」へ

 

 

カフェインの効果・効能

 

カフェインには、様々な効果効能があります。

 

◆カフェインの効果・効能

 

・覚醒効果
・利尿作用
・鎮痛作用
・筋肉収縮効果(運動能力向上)
・脂肪燃焼効果
・胃液の分泌を活発にし、消化を促進する
・アルツハイマー病発症低下
・パーキンソン病予防
・アルコール性肝硬変の予防
・記憶の神経細胞の増強
・痛風予防
・糖尿病予防
・B型肝炎発症予防
・口臭予防
・肝臓ガン、大腸ガン、口腔ガン予防
・善玉コレステロールを増やし動脈硬化を予防

・二日酔いの予防

 

詳しくは。「カフェインの効果・効能」へ