カフェインってなに

カフェインとは

カフェインは、コーヒー豆、茶葉、
カカオ豆などに含まれる天然のアルカロイド成分の一種で、
コーヒー類に多く含まれることから、カフェインという名前がついたとされています。

 

 

ちなみにアルカロイドは、依存性が多少はありますが、
タバコや覚せい剤と違って強い依存性はありません。

 

 

カフェインは、昔から薬としても使われており、効果や効能が高く評価され
現在では薬だけでなく、多くの食品や飲料に利用されています。

 

 

カフェインには、様々な効果・効能があることはご存知の通りです。

 

 

ちなみに、カフェインは、健康成分(サプリメント)というよりは、
エルゴジェニックエイドとしての効果が期待できます。

 

 

エルゴジェニックエイドとは、本来の自身の能力以上の力を発揮させるための成分のことです。

 

 

一般的に健康成分(サプリメント)といえば、栄養を補助するものと考えられています。

 

 

例えば、健康成分(サプリメント)とは、通常であれば80%である体の体調を、
100%までに近づけるためのものとされています。

 

 

これと異なり、エルゴジェニックエイドとは、100%の限界の能力を、
120%まで引き上げてくれる効果がある成分のことをいいます。

 

 

つまりは、カフェインは、いつも以上の能力を発揮するための成分なのです。

 

 

ちなみに、クレアチンや紅参霊芝なども、エルゴジェニックエイドに分類されます。

 

 

カフェインのエルゴジェニックエイドとしての代表的な効果・効能は、
覚醒作用、脂肪燃焼作用、運動能力向上などです。

 

 

カフェインは、特に脳の中枢神経に作用し、眠気を防いでくれたり、
認知能力を向上させたり運動能力を向上させたりする効果があります。

 

 

また、カフェインを摂取して運動を行うと、筋肉中のグリコーゲンよりも先に、
脂肪をエネルギー源として利用できるようになるため、効率的にダイエットをすることができます。

 

 

また、カフェインはアルコールの代謝を高める効果もあり、
飲酒後に摂取すると、二日酔いの予防として効果が期待できます。

 

このように、様々な効果・効能のあるカフェインですが、
過剰摂取した場合は、中毒症状を起こす可能性がありますので注意してください。