カフェインと妊娠・妊婦

カフェインと妊婦

カフェインは、妊娠中の妊婦さんは控えるべき成分です。

 

 

理由として、妊娠中に妊婦さんがカフェインを摂取すると、
流産や早産、胎児の発育不全の原因になると考えられています。

 

 

妊娠中の妊婦さんにとって不可欠な栄養として鉄分とカルシウムがあります。

 

 

カフェインを摂取すると、体内のカルシウムを尿に多く排出してしまいます。

 

 

また、カフェインは鉄分の吸収の妨げにもなります。

 

 

それ以外にも、妊娠中の妊婦さんが
カフェインを大量に摂取すると、胎盤を通してカフェインが胎児へ送られてしまいます。

 

 

ところが、胎児の肝臓は未発達である為、カフェインを代謝できず体内に残ってしまいます。

 

 

そうすると、胎児の発育障害や胎児が死亡する原因となってしまいます。

 

 

また、妊娠中の妊婦さんだけでなく
出産後で授乳期間中のママさんもカフェインの摂取は控えたほうがいいでしょう。

 

 

なぜなら、母乳を通してカフェインを赤ちゃんが摂取してしまい、
赤ちゃんの落ち着きがなくなったり、興奮して泣きやまなかったりする事があります。

 

 

また、乳幼児突然死症候群の原因になり
発症の可能性が高まるという事例もあります。

 

 

ちなみに、妊娠中の妊婦さんのカフェインの摂取量については
世界各国で様々な研究データがあります。 

 

 

スウェーデンの研究では、1日100mg以上のカフェイン摂取する妊婦さんに
流産する人が多く、摂取量が増加するごとに流産・死産のリスクが増加する報告があります。

 

 

アメリカの研究では、1日600mg以下の摂取量であれば、子宮内胎児発育遅延、
低体重出生児、早産・死産の危険性はほとんどなかった結果もあります。

 

 

イギリスの研究では、低出生体重児を出産するリスクを
妊娠8〜12週の妊婦さんを対象に検証しており、
カフェイン摂取が100mg以下の妊婦さんと比べています。

 

 

カフェインを1日に100〜199mg摂取する妊婦さんでは
低出生体重児を出産するリスクが20%高くなり、
200〜299mgでは40%、300mg以上では50%と報告されています。

 

 

国によって、妊娠中の妊婦さんのカフェインの摂取量の限度が異なっています。

 

 

どうしても、カフェインやカフェイン入りの製品が我慢できないときは、
胎児に関してあらゆるリスクを考えると、一日あたり100〜150mg以下にしましょう。