カフェインは脳機能を向上させる

カフェインと脳機能

カフェイン機能の向上にも効果が期待できます。

 

 

カフェインは脳の灰白質にも作用します。

 

 

ただし、筋肉と違い、脳の作用に関しては、多量のカフェインは必要ではないのです。

 

 

カフェインを、約100mg、コーヒーでいえば、約 1〜2杯分の摂取で
短期記憶に関連する前頭野と注意力に関連する帯状回の活動が活発になります。

 

 

カフェインは、脳のアデノシン受容体に結合します。

 

 

通常であれば、アデノシンがアデノシン受容体に結合すると
強い疲労感を感じるようになります。

 

 

そこに、カフェインが、アデノシンの代わりに受容体に結合すると、
脳細胞の活動スピードが上昇します。

 

 

この、脳機能の活動を維持するためには、
少量のカフェインを継続的に、毎時間摂取しましょう。

 

 

そうすれば、脳機能のレベルが高い状態を保てます。

 

 

この他にも、カフェインには脳機能に良い作用があります。

 

 

それは、カフェインの摂取によって
脳細胞の増加に関わることが報告されています。

 

 

ここからは、Health Net Media/ヘルスネットメディアを参照です。

 

 

イスラエルの研究チームがカフェインを神経細胞に加えると
樹状突起がより長く成長し、棘や枝分かれも新たに形成されることを発見しました。

 

 

研究では、記憶や学習を司る海馬といわれる脳細胞に
カフェインを加えたところ、細胞内のカルシウムのレベルが増加し
細胞の大きさが33%拡大することが分かったといいます。

 

 

また、動物実験では、カフェインとアルコールを
ネズミに脳卒中の起きる直前と、起きてから2時間以内に投与したところ、
脳卒中の損傷が80%減少することが確認されたといいます。

 

 

摂取量は、人間の摂取量にして
1日カフェイン約カップ2杯分、アルコールは1杯分ほどだそうです。

 

 

まだまだ、動物実験の段階で人での検証が必要になるらしいですが、
カフェインには脳機能の向上が期待できそうです。