カフェインの摂取量は守りましょう

カフェインの摂取量

カフェインの一日の摂取量の限度は、
カフェインを安全に摂取するために知っておくべきです。

 

 

まず、一回に摂取できるカフェインの摂取量は、200〜400mgくらいが上限です。

 

 

また、200〜400mg摂取した場合、
次回のカフェインの摂取までには、約3〜4時間くらい空ける必要があります。

 

 

そうしなければ、カフェインの過剰摂取の恐れがあります。

 

 

カフェインの摂取量の上限は、体重や体格によって、かなり幅はあります。

 

 

ちなみに、私はカフェインサプリを愛用していますが、
1タブレットに約200mgのカフェインが含まれています。

 

 

私のスペックは、身長165cm、体重80kgでが、
減量時においては、毎食後1タブレット摂取して、
1日に600〜800mg程、カフェインを摂取していました。

 

 

このカフェインの摂取量でも、副作用は出ませんでした。

 

 

ですが、カフェインを摂取する場合には、
カフェインの一日の摂取量は、1000mgまでを上限として摂取しましょう。

 

 

ちなみに、成人で一日5000〜10000mg(10g)摂取すると、
急性中毒死の危険性があると言われています。

 

 

5000〜10000mg(10g)のカフェインは、コーヒー約100杯分に相当します。

 

 

カフェインは、軽度の依存性があるとされていますが、
カフェインは体内に蓄積することはなく、摂取後、
16〜20時間すれば完全に体内から消失してしまいます。

 

 

そのため、カフェインの副作用が心配な方は、一日おきに摂取しましょう。

 

 

なにはともあれ、カフェインの過剰摂取を避けるためには、
カフェイン製品のカフェインの含有量を把握することが大事です。

 

 

とくにカフェインサプリメントを使用している方は、
ほかのカフェイン製品を摂取する場合に注意しましょう。

 

 

また、もう一つの基準としてウィキペディアでは、
1時間以内に6.5 mg/kg 以上摂取した場合は約半数が、
3時間以内に17 mg/kg 以上摂取した場合は100%が、
カフェインの急性症状を発症すると書かれています。

 

 

カフェインは適量であれば、多大な効果をもたらしますが、
過剰摂取であれば悪影響が出ますので、カフェインの摂取量は守りましょう。